耐水性もあり劣化しにくい名前シール業者への作成注文法

勉強

小さいお名前シールが必需品

入学、入園シーズンには持ち物に名前を書くことが多いです。特に、小学校への入学においては、教科書、ノート、道具箱のほかに、鉛筆は一本一本に、計算カードには一枚一枚に名前を書く必要があります。これが骨の折れる仕事です。特に、我が家の場合は双子でしたので、ただでさえ、一人分の持ち物に名前を書くのが大変なのに、その倍の労力が必要な状況でした。
そこで重宝したのが、小さい名前シールです。鉛筆や消しゴム、計算カードや数字カードなど細かいものに名前を書く必要があれば、この小さい名前シールが大活躍します。名前シールは市販でもありますし、例えば入学キャンペーンとして、ランドセルを購入した際にサービスで作成してくれる場合がありますので、是非利用してみてください。
さらに、手軽に、また自由な名前シールを作れるものとしては、ラベル作成の機械です。最近では家電量販店でラベル作成の機械を販売しています。シールの本体となる、ラベルリボンもカラフルなものや、予めデザインが施してあるリボンもあります。我が家はラベル作成の機械も購入し、利用しています。ラベル作成の機械は名前シールだけでなく、私が会社で利用する書類ファイルの背表紙にもラベル作成の機械を有効活用できます。

お名前シールのもたらす効果とは

私が幼児期のころにはまだ、お名前シールというものはなかったような気がしますね。その当時では私物にはマイネームペンで母親が書いていたか、慣れない文字で自分で書いていた記憶があります。現在ではお名前シールというものが存在し幼稚園児や保育園児たちも皆、自分の名前を見て、さぞかし誇らしげな気持ちになれるのではないでしょうか。そもそも、お名前シールとはご存知の通り幼児期から児童時期の子供を対象に作成されたものです。自分の私物がなくなってしまっては誰でも困りますよね。
そんなときにお役に立つのがこのお名前シールです。タイトルからして、すでにかわいいですが、デザインは多種にわたりかわいいキャラクターやイラストが自分の好みで選べます。自分のお気に入りのキャラクターやイラストがのっているだけで子供はもちろん、大人の私たちだって嬉しくなるものですよね。
最近ではお名前シールが作成できるアプリもありスマホで簡単に依頼できたり、100円ショップで材料さえ、そろえれば誰でも簡単に自分好みのお名前シールが作成できるようです。幼児期の子供は特に感受性が高くいろんなものを積極的に吸収していきます。自分の子供がどんなキャラクターやイラストが好きなのか探りながら親子そろって一緒にお名前シールを作っていくことも良いかもしれませんね。ぜひ試してみてください。

お名前シールの作成について

幼稚園や小学校に入園入学する際、様々な必要な物を買い揃えることかと思います。一通りの準備をして、あとは持っていくだけ…の前に、それらの1つ1つに名前を書かなければいけません。もちろん油性マジックで全ての物に記名するのも良いですが、それだと時間がかかってしまいますし小さな物には書きづらいこともあります。
そんな時に便利なのがお名前シールです。お名前シールには自宅のPCとプリンターで簡単に作成できるものと、インターネットで注文して作成してくれるお名前シール専門の業者さんがあります。自宅で作れるお名前シールはシール台紙さえ購入すれば好きな時にいつでもお名前シールを作成することができます。水に強い、水を弾く台紙もあるのですが、やはり水につけると多少の滲みが出てしまう物がほとんどです。その点、お名前シール専門業者によるお名前シールは耐水性もあり劣化しにくいのがポイントです。
子供が喜ぶデザインのシールが豊富に揃えられており、大中小といったサイズ展開もあります。かわいいお名前シールができあがると、子供達も喜んで登園登校してくれることでしょう。またインターネットで注文するお名前シールの会社では、お名前シールの他にもお揃いのデザインのお名前缶バッジなども販売されています。合わせて購入すると子供達も大喜びするのではないでしょうか。是非お試しください。

recent contents

積み木

お名前シールの便利さとは

息子が幼稚園を卒園するときに幼稚園からお祝いの一つとしてお名前シールをいただきました。入学に際し全て持ち物には手書…

more
女の子

便利なお名前シールとは

息子達が幼稚園、小学校の時にはお名前シールが活躍しました。シール型、アイロンプリント型、キーホルダー型と色々使いま…

more
男の子

全ての名前つけに使えるお名前シール

長男の出産祝いで、先輩ママから頂いたテプラが我が家のお名前シールの全ての役を担っています。正直、最初はこの出産祝い…

more
TOP